GPS,歩数計及び方位計を用いた歩行者移動経路追跡法

李 欣洙  間瀬 憲一  阿達 透  大沢 達哉  中野 敬介  仙石 正和  日高 裕敏  品川 準輝  小林 岳彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.12   pp.2254-2263
発行日: 2001/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (GPS論文小特集)
専門分野: 地上・海上システムへの応用
キーワード: 
GPS,  歩数計,  方位計,  歩行者,  歩行経路,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯電話やPHSなどモバイル通信の発展に伴い,歩行者の移動経路の把握や移動特性の調査が必要になっている.本研究では,GPSの利用を前提とし,建物の中等GPSが利用できない場所では歩数計と方位計による歩行データ取得を行う.これらのデータを用いて歩行者の位置・歩行経路を推定する手法を提案する.まず,歩行速度と歩幅の間に一次式の関係が成立することを示す.次に1歩ごとの所要時間と1歩ごとの歩幅の関係を定式化し,方位計から得られる進行方向と組み合わせて,歩行者の位置・歩行経路を算出する.GPSで確定した位置の情報を用いて,経路を補正することにより,位置・経路の推定精度をより高めることができた.