ロスレスDCTに基づく可逆,準可逆,非可逆,統合符号化方式

岩橋 政宏  金高 時道  神林 紀嘉  福間 慎治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J84-A   No.9   pp.1206-1211
発行日: 2001/09/01
Online ISSN: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
コサイン変換,  可逆,  非可逆,  準可逆,  

本文: PDF(760KB)
>>論文を購入


あらまし: 
可逆,準可逆,非可逆という3種類の符号化機能を併せもつ統合符号化方式を提案する.提案法は整数化処理を内包するラダー構成された可逆離散コサイン変換(DCT)をもととしており,高ビットレートでは空間領域での量子化を,中~低ビットレートでは変換領域での量子化を行う.これにより,従来の非可逆DCTと互換性があり,なおかつ準可逆符号化及び可逆符号化が,統合された一つのアルゴリズムで可能となる.