2次配布に対して安全な電子透かしシステム

岩村 恵市  桜井 幸一  今井 秀樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J84-A   No.5   pp.624-632
発行日: 2001/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報セキュリティ基礎
キーワード: 
電子透かし,  フィンガープリント,  暗号,  ブラインド処理,  3者間プロトコル,  

本文: PDF(604.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来の電子透かしシステムは,配布者は完全に信頼できる機関であることが前提となっている.もし配布者が信頼できる機関ではないとすると,従来のシステムでは不正配布を行っていないユーザに罪を押し付けることが可能である.この問題に対していくつかの手法が提案されている.しかし,これらの手法において前提としているシステムは基本的に配布者とユーザの2者からなるシステムであって,著作者,代理店,ユーザの3者からなり,著作者から代理店,代理店からユーザへと2次配布が行われるシステムとして考えられていない.本論文では,著作者,代理店,ユーザの3者からなる2次配布システムにおいて互いの不正を防止する電子透かしシステムを提案する.