部分空間法による磁気双極子目標の信号源推定

稲葉 敬之  嶋 明弘  小西 雅春  柳沢 基  高田 潤一  荒木 純道  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J84-A   No.3   pp.287-297
発行日: 2001/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
部分空間法,  ウェーブレット変換,  信号源推定,  磁気双極子,  

本文: PDF(752.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
航空機などに搭載される磁気センサによる磁気双極子目標(沈没船など)の検出問題(磁気異常検出問題)を想定した信号処理としてゆう度比法が報告されている.しかし,磁気双極子目標の観測信号波形は一意に決定可能な形状ではなく目標の磁気双極子モーメント方向などにより変化するため検出のためには多くの参照関数を必要とし,少ない計算量で安定な検出を行うことが課題となっている.そこで,本論文では磁気双極子目標の数理モデルが電磁気的に3種の関数の線形結合となることを基に,部分空間法を用いた検出法を提案する.また,背景雑音中での検出性能向上のためにウェーブレット変換を前処理として利用することを検討する.更に,磁気双極子目標の信号源を推定するために,部分空間法を拡張し複雑な非線形探索の不要な信号源推定方法を提案する.最後に計算機実験により部分空間法による検出法が低S/Nの磁気双極子目標検出に効果的であり,また提案する信号源推定法にてロバストな磁気双極子目標の信号源推定が可能であることを示す.