混合識別関数による類似文字認識の高精度化

中嶋 孝  若林 哲史  木村 文隆  三宅 康二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.2   pp.623-633
発行日: 2000/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
手書き文字認識,  類似文字,  混合類似度,  投影距離,  ETL9B,  

本文: PDF(794.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
類似文字の識別に適した認識手法として,複合類似度やマハラノビス距離を類似クラスの平均(方向)ベクトルの差を考慮して拡張した混合識別手法が提案され,それらの有効性が報告されている.本論文では,投影距離や改良投影距離などから類似文字の識別に有効な新たな混合識別関数を導出し,手書き漢字データベースETL9Bを用いる認識実験により,その有効性を比較・評価する.その結果,漢字・平仮名の類似文字24組を対象とする認識実験において,混合識別関数の認識率がそれぞれの原識別関数の認識率より向上し,類似文字認識の高精度化に有効であることを示す.また,全字種を対象とする認識実験において,混合投影距離法の認識率(98.69%)が投影距離法の認識率(98.00%)より0.69%上昇するのをはじめ,他の混合識別関数においてもそれぞれの原識別関数に比べて認識率が向上し,類似クラスの詳細識別によって全体の認識率が向上することを示す.