仮想版画-自動切削による仮想版木作成支援と多版多色刷りの検討-

大河内 俊雄  岡田 稔  水野 慎士  鳥脇 純一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.12   pp.2698-2706
発行日: 2000/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
コンピュータグラフィックス,  非写実的画像合成,  特徴量解析,  仮想版画,  仮想彫刻,  

本文: PDF(1.9MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,非写実的画像の合成手法の一つとして,仮想空間における「彫り」と「摺り」の過程により木版画風画像を合成するための一手法を提案する.3次元仮想空間内に仮想版木を作成する「彫り」過程では,下絵として入力した2次元画像の特徴量解析による各種自動切削を,ユーザが指定した切削領域に局所的に適用していく制作支援手法を提案する.また,仮想空間内に「紙」「版木」「ばれん」「絵の具」を用意することで対話的に版画画像を合成する「摺り」過程では,絵の具の色・水分量や,版木の木目などの条件を付加することでこれらによる刷り上がりの違いを表現する手法を提案する.更に,複数の仮想版木と複数の絵の具の色を使用した多版・多色刷り版画画像の合成法も提案する.実験結果と実版画との比較により,提案手法は非写実的な画像合成の一手法として有用であることが確認された.