帯域消去フィルタのFPGAによる実現

ウィチャイ ブンクムクラオ  三木 信弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.11   pp.2171-2179
発行日: 2000/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (音声情報処理:現状と将来技術論文特集)
専門分野: 現状技術の応用:音声・音響情報処理
キーワード: 
FPGA,  VHDL設計,  帯域消去フィルタ,  DTMF,  

本文: PDF(369KB)>>
論文を購入




あらまし: 
FPGA(Field Programmable Gate Array)は,プログラマブルデバイスであり,いくつかの方式があって何回も回路を書換え可能である.特殊DSPを少量生産する場合,コストが安くできるという大きな利点がある.音声信号とデータ(DTMF信号)を同一の帯域に混在させて通信する無線通信方式があり,この方式では,データの帯域を消去して音声信号を聞きやすくするフィルタが要求される.我々が提案するアーキテクチャでは,音声信号とデータの混在する信号を効率良くDTMF信号だけ消去できる高次帯域消去フィルタをFPGAで実現するために有用である.実際に設計したフィルタを実現する方法を示し,また実現した回路での実験結果を示す.