単語発声の複数サンプルを利用した未知語の音韻系列の推定

伊藤 克亘  速水 悟  田中 和世  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.11   pp.2152-2159
発行日: 2000/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (音声情報処理:現状と将来技術論文特集)
専門分野: 現状技術の基礎理論:音声認識・理解・対話
キーワード: 
未知語,  音声認識,  獲得,  

本文: PDF(499.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
語の自動獲得を目指した未知語の音韻系列の推定手法について提案する.この手法は,特別な言語的知識を用いることなく,複数の音声サンプルを利用して,未知語の音韻系列を推定する.提案する手法では,複数のサンプルの音韻系列を音韻タイプライタを用いて推定し,得られた複数の音韻系列を,複数のサンプルにあてはめ,そのゆう度の平均値の最も高い系列を推定結果とする.この推定手法を,電子協の離散単語データベースの100地名を25話者が2 度ずつ発声したデータを利用して評価した.実験の結果,10サンプルを利用すると,単一のサンプルを利用した場合に比べて,推定の誤りは,音韻レベルで71%減少し,単語レベルで39%減少した.このときの推定率は,音韻が84.3%で単語が43%だった.また,推定された音韻系列は,認識に利用する場合については,言語的な音韻系列を用いた単語認識に近い89%から95%の識別率を示した.