仮想平面アレーを用いたマルチパス伝搬路の時空間特性測定システムの開発

関澤 信也  平 和昌  神尾 享秀  水野 光彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.9   pp.1303-1313
発行日: 2000/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
移動通信,  マルチパス,  平面アレー,  遅延プロファイル,  時空間伝搬特性,  

本文: PDF(3.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
陸上移動通信におけるマルチパスフェージング対策技術として,等化器を結合させたアダプティブアレーアンテナが検討されている.このような時間,空間処理によるフェージング対策技術のハード化及び適応アルゴリズム開発を行うためには,多重波の遅延時間及び到来方向特性などの時空間特性を明確にする必要がある.本論文では,マルチパス伝搬路の時空間特性を測定するため,仮想的に実現した平面アレーと遅延プロファイル測定装置を用いた3.35 GHz帯の時空間伝搬特性測定システムを開発した.また,オープンサイトにおける模擬伝搬路及び構内における実伝搬路の時空間特性を測定することによって本システムの有効性を確認した.