周波数分割多重されたTDMA信号の一括復調へのマルチレートフィルタバンクの応用

松田 崇弘  原 晋介  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.9   pp.1217-1225
発行日: 2000/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
マルチレートフィルタバンク,  一括復調,  ソフトウェア無線,  IIRフィルタ,  直線位相特性,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,無線通信での上り回線において周波数分割多重された複数の時分割多元接続(TDMA:Time Division Multiple Access)信号から各々のベースバンド信号を得る方法として,マルチレートフィルタバンクを用いた一括復調方式を提案している.本提案方式は,上り回線においてTDMA信号が非同期に受信される場合の復調を可能とし,更にマルチレートフィルタバンクの特徴である多重分解能を利用すると帯域幅の異なるTDMA信号が周波数分割多重されている場合にも適用でき,ソフトウェア無線環境のように異なる種類の信号が共存している状況にも有効である.また,本論文で検討しているようなシステムにおいては,マルチレートフィルタバンクを構成するフィルタは急しゅんな振幅特性と直線位相特性をより少ない計算量で実現することが必要であるが,本論文では近似的に直線位相特性を満たす無限長インパルス応答(IIR:Infinite Impulse Response)フィルタを用いることで,より少ない計算量での処理を実現している.