回線交換型無線アドホック通信ネットワークにおけるふくそう回避型マルチキャスト方式

高杉 耕一  鈴木 康夫  久保田 周治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.7   pp.991-998
発行日: 2000/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
アドホックネットワーク,  経路制御,  マルチホップ,  フラッディング法,  

本文: PDF(875.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
回線交換型の無線アドホック通信ネットワークにおいて,通信量の低減を図ったふくそう回避型マルチキャスト方式を提案し,計算機シミュレーションによる評価結果について述べる. 無線端末どうしが直接通信する無線アドホック通信ネットワークは,基地局やバックボーンとなるネットワーク設備を必要としないため,設置,変更,撤去等が容易にできるという利点がある.しかしながら,その実現においては端末の移動等,ネットワークトポロジーの変化に柔軟に対応可能な経路制御を行うことが重要である.パケット交換においては,従来から多くの方式が検討されてきたが,回線交換においては,その性質の違いから,それらの方式をそのまま利用することはできない.そこで,回線交換の欠点を補いつつ,いったん回線を確立すれば多くの情報を送れるといった利点を生かした経路制御方式が必要となる.本論文では,ネットワークの初期状態及び端末の移動が多く発生した場合にはふくそう回避型フラッディング法を用い,それ以外は経路情報を用いた配送を行うといった切換方式を提案し,その評価結果について述べる.更に,このようなマルチキャスト方式を用いた場合の送達確認方式についても提案し,その評価結果について述べる.