高圧送電線のミリ波帯レーダ反射断面積の特徴

山口 裕之  梶原 昭博  林 尚吾  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.4   pp.567-579
発行日: 2000/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 航行・誘導・制御方式
キーワード: 
航行,  レーダ,  ミリ波,  高圧送電線,  レーダ反射断面積,  

本文: PDF(689.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
小型航空機やヘリコプタが比較的低高度で航行するとき,山林や建物等の前方障害物を検知しクリアな航路を確保することは,衝突事故防止において極めて重要である.このような障害物のうち,特に高圧送電線は背景とのコントラストが得にくいため視認性が悪く,これまで多くの接触事故が報告されている.本論文では,航行における前方障害物検知に対してミリ波帯レーダセンサを想定し,物理光学法(PO)を用いて高圧送電線のミリ波帯レーダ反射断面積(RCS)を検討している.まずPOの有効性を確認するために,電波暗室内で取得した94 GHzにおけるRCSと比較・検討する.次に,送電線はアルミニウム線をより合わせたより線形状(周期的な表面特徴)をしていることに着目して,より線形状がRCSに与える影響について明らかにする.実際,送電線はレーダ照射範囲よりも長い.そこで本計算では,アンテナの指向性をガウシアン分布と近似することによって上記の状況を模擬し,RCSを算出している.