実世界視覚情報を対話的に学習・管理する人間型ソフトウェアロボット

長谷川 修  坂上 勝彦  速水 悟  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.10   pp.1666-1674
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (知能情報メディア論文特集)
専門分野: 擬人化エージェント
キーワード: 
実世界知能,  ソフトウェアロボット,  マルチモーダル対話,  機械学習,  画像認識,  

本文: PDF(2.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究では, システムのモニタ上に人の上半身の姿を有する3次元コンピュータグラフィックス像 (人間型ソフトウェアロボット:以下ロボット)を表示し, これに視覚や聴覚を用いた対話機能や,表情や視線, 指さしジェスチャの細やかな制御機能を与え, 実空間を対象とした人と計算機の円滑なインタラクションを図る. 試作したロボットは, あらかじめ登録(学習)した実空間中(オフィス内)の人物や物体を視覚的に探索・捕そくし, それらの発見位置/時刻を履歴として管理するとともに, その3次元的な位置を発話と視線/指さしジェスチャで人間に示すことができる. またこのロボットは,新たな対象物の登録を対話的に行えるほか, その人物の名前や物体の名称/所有者なども併せて登録でき, こうした機能を活用して室内の状況に関して人間(ユーザ)と 簡単な対話を行う(タスクをこなす)ことが可能である.