TCPの公平性と安定性に関する一検討

長谷川 剛  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.9   pp.1646-1654
発行日: 1999/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
ふくそう制御方式,  公平性,  安定性,  TCP Tahoe,  TCP Reno,  TCP Vegas,  

本文: PDF(763.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
TCP(Transmission Control Protocol)は現在トランスポート層の最も主要なプ ロトコルであり,将来にわたっても使用されることが考えられる.したがってTCPの スループット,安定性,及びコネクション間の公平性等についての検討,改善は 重要である.これまでにもTCPのふくそう制御方式についての検討は行われているが, それらの多くはコンピュータ上のシミュレーションによる評価にとどまっている. そこで本論文では,解析的な手法を用いてTCPのふくそう制御方式におけるコネクショ ン間の公平性及び安定性についての検討を行う.検討の対象には従来のTCP Tahoe,TCP Renoに加え,高スループットを期待できるとして最近注目されてい るTCP Vegasについても評価を行い,TCP Vegasにおいてはコネクション間の公平 性が保てず,特に後から加わるコネクションについては不公平性が大きくなるこ とを解析的に示す.また,TCP Vegasにおけるコネクション間の公平性を保つ改 善方法を提案する.