帯域予約型ネットワークに適したMPEG-2動画像における品質と帯域の関係

福田 健太郎  若宮 直紀  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.3   pp.358-367
発行日: 1999/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
MPEG-2,  QoSパラメータ,  帯域割当て,  主観評価,  QoSマッピング,  

本文: PDF(498.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,MPEG-2方式を用いて符号化された動画像における,ユーザの要求 する動画像品質と必要帯域の関係を明らかにしている.分散型マルチメディア アプリケーションにおいて,ユーザの要求する動画像品質を保証するためには, ATM DBRサービスクラスやRSVPなどのような帯域予約型のネットワークが有効 である.しかしながら,これまで動画像品質を決定する量子化や,空間解像度, 時間解像度などのQoSパラメータと,QoSを保証するために必要となる帯域の関 係は明らかにされていなかったため,動画像の実時間転送に必要な帯域を適切 に決定することは困難であった.そこで,本論文では実際のMPEG-2動画像デー タに基づき,QoSパラメータと必要帯域の関係を明らかにしている.更に, 本論文ではQoSパラメータと符号化された動画像に対するユーザの主観的動画 像品質の関係についても明らかにしている.これらの関係を用いることにより, ユーザの要求する動画像品質を提供するためのQoSパラメータを決定し,更 にネットワーク側でQoSを保証するために必要となる帯域をあらかじめ予測す ることが可能となる.また,ネットワークが高負荷の場合など必要な帯域の確 保が困難な場合に,動画像品質をできる限り高く保ちつつ,必要となる帯域を 減らすためのレート制御法についても検討を行っている.