適応フィルタを用いた送信DBFアンテナの校正法

岡村 敦  藤坂 貴彦  桐本 哲郎  真野 清司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.12   pp.2329-2336
発行日: 1999/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
キャリブレーション,  アレーアンテナ,  適応フィルタ,  ディジタルビームフォーミング,  

本文: PDF(653.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
送信DBF(Digital Beam Forming)アレーアンテナでは, これを構成する各送信チャネルの透過振幅位相を実装状態で短時間に測定し, これを校正することが求められる. 本論文では, 送信DBFアレーアンテナにおける送信波形情報がディジタル量で得られることに注目し, 上記アンテナを構成する各送信チャネルの透過振幅位相特性を一括して簡便に測定する方法として, ディジタル適応フィルタを用いる校正方法を提案した. この方法は, 送信チャネルの透過振幅位相を未知の伝達関数をもつ線形フィルタでモデル化し, これを適応フィルタで同定するものである. まず, 本校正法の基本原理と校正アルゴリズムを示し, 次いで計算機シミュレーションにより本方法の校正精度を評価し, 透過振幅位相特性が時間変動する場合でもこれに追従した校正が可能であることを示す.