大地上の接地を有するモノポールアンテナの理論解析

湯浅 晶  板津 大介  稲垣 直樹  菊間 信良  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.12   pp.2320-2328
発行日: 1999/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
Green関数,  等価回路,  等価電圧源,  等価電流源,  モーメント法,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
大地上の接地を有するモノポールアンテナを等価回路を用いて解析し,大地の 電気的特性の影響を考慮した電流分布,入力インピーダンス,指向性,アンテナ能率を アンテナ長,接地板の半径,周波数などをパラメータとして求めた. まず,平面波展開により,系をスペクトル領域の等価回路表現し, 回路方程式を解くことによって,Green関数を求めている. モーメント法による数値計算の結果から,入力インピーダンスとアンテナ 能率は接地板の半径の大きさに依存することがわかった. 接地板をもたない場合,アンテナ長が大きいほどアンテナ能率は高くなるが, 接地板をもつ場合,その半径を大きくしていくと,アンテナ長が大きいと アンテナ能率は小さくなり,アンテナ長が小さい場合は大きくなっていく. また,放射指向性はアンテナ長が長くなるほど指向性最大方向が水平に 近づき,接地板の半径が大きくなるほどビーム幅が大きくなるが, 周波数の影響をあまり受けないことがわかった.