広帯域DS-CDMA方式における送信電力制御適用時の受信レベル特性 の解析

藤井 輝也  三木 義則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.12   pp.2300-2310
発行日: 1999/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
セルラ移動通信,  DS-CDMA,  パスダイバーシチ,  送信電力制御,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
広帯域DS-CDMA方式では移動局の遠近問題解決のため 基地局での受信電力が一定となるように移動局の送信電力を適応制御する送信電力制御は必須である. DS-CDMA方式ではパスを分離してRAKE受信できることから, 送信電力や送信電力制御誤差を改善できる. 本論文では, フィードバック制御による送信電力制御をDS-CDMA方式に適用した場合に, 制御時間間隔, 最大制御量, 制御ステップ幅等の制御パラメータが送信電力制御誤差に及ぼす影響をパスダイバーシチ, アンテナダイバーシチを考慮に入れて明らかにしている.