広帯域DS-CDMA移動通信方式における有効 パス数に関する一検討

藤井 輝也  今井 哲朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.10   pp.1923-1927
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
移動通信,  DS-CDMA,  RAKE受信,  パスダイバーシチ,  パス数,  

本文: PDF(546.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
RAKE受信を前提としたCDMA方式では, 拡散帯域幅に応じて分離するパス特性の解明が 通信品質を決定するうえで重要である. 本論文では, 拡散帯域幅(チップレート)と分離可能なパス数との関係を 野外実験結果をもとに明らかにしている.