広帯域DS-CDMA移動通信方式におけるアンテナダイバーシチと パスダイバーシチを考慮したRAKE受信方式

藤井 輝也  鈴木 尚之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.10   pp.1869-1887
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
移動通信,  DS-CDMA,  パスダイバーシチ,  アンテナダイバーシチ,  RAKE受信,  

本文: PDF(843.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
広帯域DS-CDMA方式では, 拡散帯域幅を広くすればそれに応じて受信波が複数のパスに分離するため, パスダイバーシチ受信(RAKE受信)は必須である. 特にRAKE受信方式の最適設計には実際のパス特性を考慮した受信特性の解析は不可欠である. 本論文では, アンテナ間に受信レベル相関があり, またアンテナ利得がそれぞれ異なる現実的なアンテナダイバーシチ受信モデルにおいて, 相関器数を有限とし, 具体的なパス選択法に基づいてRAKE合成した場合の受信レベル特性を明らかにしている.