移動通信におけるアダプティブアレーアンテナ技術の応用

辻 宏之  水野 光彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.6   pp.779-791
発行日: 1999/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 招待論文 (適応信号処理の展開とその応用論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
アダプティブアレーアンテナ,  ビーム形成,  移動通信,  適応信号処理,  

本文: PDF(675.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
限られた周波数の中で,通信容量を増加させ高速な通信を実現するための技術としてアダプティブアレーアンテナの移動通信への利用が最近注目されている.これは等化器などの時間域での信号処理ばかりでなく空間的な情報も利用するという考えである.アダプティブアレーはFIRフィルタと構造的に類似している点もありフィルタで蓄積された技術が応用できると考えられるが,移動通信に適用する場合は特有の要求条件がありさまざまな課題が存在する.本論文では,アダプティブアレーの技術の一つであるアダプティブビーム形成について主要な手法を解説し実際の適用例を紹介する.更に移動通信へのアダプティブアレーアンテナを適用する場合の課題を示している.