Golomb-Rice符号を用いた部分復号についての一検討

長谷川 まどか  安達 丈晴  加藤 茂夫  山田 芳文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.1   pp.151-157
発行日: 1999/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 画像理論,音声理論
キーワード: 
情報源符号化,  画像符号化,  可変長符号,  ゴロームライス符号,  部分復号,  

本文: PDF(336.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では, 可変長符号の一つであるGolomb-Rice符号を用い, その構成法に若干の変更を加えることで, 画像ブロックの部分復号を可能とする手法を提案する. 本方式は, ある特定の符号語を含むビットパターンが符号系列中の どこにあっても復号可能となるように符号を構成し, この符号語をブロック先頭の検出に用いるものである. このパターンのマッチングにより, 指定された画像ブロックの符号の先頭を検出できることから, 符号化された一連の符号系列を逐次的に復号することなく 必要なブロックの情報のみを復号することが可能となる. 画像信号をブロック分割し予測誤差系列に変換後, 提案する符号で符号化を行うシミュレーション実験により, Golomb-Rice符号とほぼ同等の符号化効率で部分復号が可能となることを示した.