準最適な符号化利得をもつ線形位相パラユニタリフィルタバンクの設計

池原 雅章  Truong Q. Nguyen  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.11   pp.1696-1703
発行日: 1999/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
パラユニタリフィルタバンク,  線形位相,  符号化利得,  

本文: PDF(394KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,非線形最適化を用いることなしに,準最適な符号化利得をもつ 線形位相パラユニタリフィルタバンクの設計法を提案する. 線形位相パラユニタリフィルタバンクはラティス構造によって完全に 表現できるが,画像圧縮のために符号化利得を最大にするには非線形最適化を 用いる必要があり,フィルタ長やチャネル数が大きい場合にはほとんど 収束しないという問題があった.本論文では,直交条件を時間領域で表現し, コンパクション問題に基づいて,各フィルタを独立に設計する. 繰返し計算によりチャネル数の半分のフィルタを設計し, これをラティス構造に変換することにより,全体のフィルタバンクが 得られる.最期に設計例を示し,本方法の有効性を確認する.