可搬ディスプレイを用いた仮想物体操作のための力覚インタフェース

野間 春生  宮里 勉  中津 良平  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D2   No.5   pp.906-917
発行日: 1998/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (サイバースペース論文特集)
専門分野: サイバースペースのためのインタフェース,インタラクティブシステム
キーワード: 
可搬型ディスプレイ,  力覚提示装置,  人工現実感,  ユーザインタフェース,  

本文: PDF(952.8KB)
>>論文を購入


あらまし: 
可搬型のPalmtop Displayを情報空間の探索のために用いる手法はこれまでにも数多く提案されているが,本論文ではPalmtop Displayに3次元マウス的な仮想物体操作機能と力覚提示機能を付加し,従来は個別であった観察手段と操作手段を統合したインタフェースとしてPDDMを提案する.PDDMはこれまでの情報入出力インタフェースと比べて,小型な装置で広範囲な仮想空間を操作対象としながら視覚情報と力覚情報の入出力を一体化できるといった,独特な特徴を有しており,広い応用分野が検討できる.ここでは,まずPDDMのインタフェースとしての位置付けを明らかにした後,試作装置を用いた仮想物操作実験により提案手法の有効性を示した.