行列変換に基づくReed-Muller展開と高性能論理演算回路への応用

霜觸 謙介  亀山 充隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D1   No.2   pp.126-132
発行日: 1998/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (極限集積超並列・超高速アーキテクチャ論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
Reed-Muller展開,  行列表現,  行列変換,  スパース行列,  高性能論理演算回路,  

本文: PDF(424.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
シンボルレベルの演算仕様に対し適切な符号を割り当てた,Reed-Muller展開を用いた高性能論理演算回路の設計法を考察する.Reed-Muller展開においては有限体上での行列演算を活用できるという特長がある.演算回路の複雑性すなわちReed-Muller展開の積項数は行列における非零要素の数に対応できることに着目し,高性能演算回路の設計を行列変換による行列のスパース化に帰着する方法を考案している.この行列のスパース化を行う変換行列を系統的に得ることにより,高性能演算回路の設計が可能となる.