ジョセフソン接合の等価インダクタンスを利用した超伝導量子干渉素子の静特性

水柿 義直  中島 康治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C2   No.2   pp.259-265
発行日: 1998/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 超伝導エレクトロニクス
キーワード: 
ジョセフソン接合,  超伝導量子干渉素子,  等価インダクタンス,  しきい値特性,  

本文: PDF(504.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ジョセフソンデバイスの小型化を実現するためには,デバイスの基本構成要素の一つであるインダクタの小型化が不可欠である.これまでにインダクタ小型化の手法として,ジョセフソン接合の等価インダクタンスの利用が提案されている.本研究では,ジョセフソン接合の等価インダクタンスを利用した超伝導量子干渉素子の静特性を求め,通常のインダクタにより構成される超伝導量子干渉素子の特性と比較する.またゲート用の接合が電圧状態に遷移した後の電流分布の変化がインダクタンス用の接合に及ぼす影響についても考察する.