パルス圧縮を利用した半受動型3次元ディジタイザの開発に関する基礎的検討

藤本 生松  安藤 繁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C1   No.9   pp.544-552
発行日: 1998/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
ディジタイザ,  ステレオ法,  パルス圧縮,  回転走査機構,  チャープ波,  3次元測定,  イメージセンサ,  

本文: PDF(703.8KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,CCDカメラを用いた3次元ディジタイザの基本計測方法が詳しく述べられている.CCDカメラによる位置計測においては,高精度を実現するには,背景光の影響と感度対策が常に問題となる.本研究では,レーダ等で知られているパルス圧縮の技術を利用して,小強度の光源でも背景光の影響を効果的に排除してCCDカメラ像面での座標値を高精度に決定する.新しい計測原理を提案する.SN比改善の量的評価と基礎実験から,背景雑音と画素雑音の両方に対してSN比の大幅な改善が行われ,かつ画素以下の分解能の実現が十分可能であることを検証した.