ポインチングベクトルの解明とパラドックスの解消(基本概念2)

中島 将光  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C1   No.9   pp.507-519
発行日: 1998/09/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
電磁界理論,  電磁エネルギー流,  ポインチングベクトル,  平面波展開,  

本文: PDF(821.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
電気・電子工学において,電磁エネルギーの移動は基礎物理量の一つであって,通常,それはポインチングベクトルによって表現される.しかしながら,このベクトルに関連していくつかの問題点が指摘され,種々解決への試みが続けられてきた.ここでは,その問題点を整理した後,先に明らかにした概念に基づいてポインチングベクトルの物理的意味を解明した.それによると,このベクトルは正味の電磁エネルギー流密度を表す.そして,電磁界の平面波展開とその直交性に着目すると,このベクトルにまつわるパラドックスも自然に解消し,その扱い方が明快になる.