反射零点補正によるアイリス結合導波管形帯域通過フィルタの広帯域設計

宮崎 守泰  湯川 秀憲  西野 有  浦崎 修治  片木 孝至  紅林 秀都司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C1   No.11   pp.642-649
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
導波管フィルタ,  分波器,  最適化,  アイリスサセプタンス,  広帯域化,  

本文: PDF(647.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
導波管形フィルタは低損失で耐電力性に優れている反面,空胴共振器間の結合に用いるリアクタンス素子値や導波管管内波長の周波数変化が大きいため,広帯域なものが得にくい問題があった.ここでは,伝達関数にチェビシェフ関数を用いたアイリス結合導波管形帯域通過フィルタについて,反射の理想零点周波数を規定して誘導性アイリスのサセプタンス値を最適化することによる広帯域設計手法を提案する.この手法を用いて分波器を試作し,広帯域な分波特性を実現すると共に計算結果との一致を示し,本手法の有効性および妥当性を明らかにする.試作分波器は通過波長比帯域32%および7%において,VSWR1.24以下,アイソレーション53dB以上の性能を得ている.