相互相関関数の階層的計算法とSARレンジ圧縮への適用

白川 智昭  三木 信弘  小川 吉彦  北島 秀夫  下野 哲雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.1   pp.82-91
発行日: 1998/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
相関関数,  ウェーブレット変換,  合成開口レーダ,  レンジ圧縮,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
二つの離散系列の相関関数の近似的な値を高速に計算する方法を提案し,これをSAR像再生処理におけるレンジ圧縮に適用することにより評価する.系列の長さが非常に長い場合,周波数領域を用いた相関関数の計算を行っても多くの計算時間を要するため,リアルタイム性が必要な場合には問題になる.しかし,このような応用では相関関数の正確な値を求めるよりも,その近似的な値をできるだけ高速に求めるほうが重要な場合がある.そこで本論文では,二つの系列にウェーブレット変換を行い,得られる短い系列の相関関数をもとの系列の相関関数の近似値とする.ウェーブレット変換を階層化することにより,近似値もその精度により階層化される.また,精度の粗い近似値から段階的に精度を上げてゆく方法を示すことで,最終的に正確な値を求めることも可能となる.ここではそのアルゴリズムを示した後,SARレンジ圧縮にこれを適用することにより,提案手法を実験的に評価する.