キャッシングを考慮したWWWトラヒック特性の分析とモデル化

名部 正彦  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.5   pp.325-334
発行日: 1998/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化
キーワード: 
キャッシュ,  World-Wide-Web,  インターネット・インフラ,  トラヒック特性,  

本文: PDF(602.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
インターネット・アクセスネットワークではWWWトラヒックの負荷を軽減するため,キャッシュを使用するのが一般的になっている.このようなネットワークに対し,品質の高い設計を行うには,キャッシュによってトラヒック特性や遅延時間がどのように変化するかを明らかにする必要がある.本論文ではWWWサーバのアクセス記録を用いて,代表的なキャッシング方式を用いた場合のトラヒック特性や遅延時間分布について分析している.更に分析結果に基づく待ち行列モデル(M/G〔log-normal〕/1/PS(Processor Sharing))を構築し,その適合性についても検討を行っている.