集束形マルチメディア通信に対する優先度割当法

アマディ モハメド レザ  山岡 克式  酒井 善則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.4   pp.235-242
発行日: 1998/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
パケット通信,  集束型通信,  優先度制御,  マルチメディア,  網設計,  

本文: PDF(491.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では複数の情報源から一つの目的ノードまで同時にパケット形通信が行われる集束形マルチメディア通信を対象として,各通信パスの各リンクごとの優先度の割当法を検討したものである.まず各通信パスの平均遅延時間よりメディアごとの劣化量を定義して,劣化量の平均値,最大値,分散が評価量となりうることを述べている.つぎに,平均劣化を最小にする優先度割当法,最大劣化と劣化分散の重み和を最小にする優先度割当法について検討を行い,前者については最適解を後者については準最適解を求めるアルゴリズムを提案した.以上提案した設計法を用いていくつかのネットワーク例について設計を行い,その有効性を確認した.