適応変調ダイナミックチャネル割当方式を用いたマルチメディア無線通信システム

池田 武弘  三瓶 政一  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.11   pp.681-690
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアを支える通信技術論文小特集)
専門分野: マルチメディア無線通信
キーワード: 
適応変調方式,  ダイナミックチャネル割当て,  マルチメディア,  端数出線効果,  陸上移動通信,  

本文: PDF(779.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,大容量なマルチメディア無線通信システムを構築することを目的とし,マルチメディア適応変調ダイナミックチャネル割当方式(M-AMDCA:Multimedia-Adaptive Modulation with Dynamic Channel Assignment)を提案する.提案システムは,伝搬環境だけでなく,所要品質・所要ビットレートなど伝送メディアの要求に応じて,変調パラメータや割当てスロットを制御する.音声や動画像などの即時系メディアに対しては低速適応変調方式を適用し,所要ビットレートを満たしながら,システムの大容量化を実現する.一方,データなどの待時系メディアに対しては高速適応変調方式を適用し,割当帯域内で高速に変調パラメータを制御することで,高いスループットを実現する.提案方式の特性を,音声,動画像およびデータ混在モデルにおいて解析した結果,各メディアにおいて良好な特性が得られることを計算機シミュレーションにより確認した.