複素係数マルチレートフィルタバンクを用いたマルチメディア無線伝送システム

松田 崇弘  原 晋介  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.11   pp.671-680
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアを支える通信技術論文小特集)
専門分野: マルチメディア無線通信
キーワード: 
マルチメディア伝送,  周波数分割多重,  マルチレートフィルタバンク,  

本文: PDF(687.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線通信においてマルチメディア伝送を行うための一つの方法として,信号の伝送速度に応じて帯域幅を柔軟に割り当て周波数分割多重を行う方法が考えられる.本論文は,下り回線においてマルチメディア無線伝送を効率良く行うためのシステムとして,複素係数マルチレートフィルタバンクを用いた方法を提案している.複素係数マルチレートフィルタバンクは,無線通信で用いる信号の等価低域系での信号処理に適した技術であり,本方式により伝送速度の異なる複数の信号に対し,それぞれの伝送速度に応じた帯域幅を柔軟に割り当てることが可能である.本方式の特性を解析した結果,提案システムがマルチメディア無線伝送に適していることが明らかとなった.