拡散システムを用いたポリゴン曲面の生成手法

栗山 繁  橘 啓八郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.10   pp.2761-2769
発行日: 1997/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
計算機支援幾何設計,  ポリゴン曲面,  拡散システム,  張力制御,  対話システム,  

本文: PDF(582.8KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,ポリゴン曲面の各頂点の位置を拡散システムを用いて計算する手法を提案する.本手法により,平滑化ノルム関数を近似的に最小化する形状の滑らかなポリゴン曲面が生成される.また,曲面の張りの制御を張力変数を用いた拡散システムにより実現する.曲面の形状は,隣接する頂点の状態変数を用いて局在的に定義される非線形システムの安定解によって決定される.また,状態変数を階層的に更新することにより,曲面を構成する頂点の総数に比例した計算量で安定解が求められる.本手法の離散化かつ局在化された曲面の計算機構により,任意の頂点に対して制約条件の設定が可能となり,形状の柔軟な制御が実現される.