モーメント法を用いたカードサイズ板状ループアンテナの最適化問題

石井 望  伊藤 精彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.8   pp.654-662
発行日: 1997/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
板状ループアンテナ,  小形アンテナ,  モーメント法,  最適化,  平均化利得,  

本文: PDF(526.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線呼出し受信機用のカードサイズ板状ループアンテナ(CPLA)は,絶対利得が-20dBi以下と非常に小さい.このため,アンテナの大きさを変えずに,CPLAの受信感度を改善することが望まれている.本論文では,二つの給電点を設定し,任意の電圧値を給電可能とした場合について,CPLAの受信感度を最適化する電圧値を理論的に考察している.最適化は,受信感度に関連する特性量に関して,モーメント法ならびにそれに関する最適化の手順を利用して行っている.また,放射効率,受信機の使用状態を考慮した3通りの平均化利得について最適化の計算を行い,受信感度の改善するために最適化の対象とすべき特性量について検討を行っている.更に,最適解である同相モード,逆相モードの性質について,1点給電の場合と比較している.