DS/SS送信電力最適分配型マイクロセルラ方式

本江 直樹  太刀川 信一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.7   pp.537-546
発行日: 1997/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
マイクロセルラ,  RAKE受信,  最適電力分配法,  電力制御,  

本文: PDF(641.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
直接拡散/スペクトル拡散多元接続通信方式(DS/SSMA)では,各セルの基地局が同じ周波数帯域を使用するので,所要の通信品質を維持した状態で送信電力を小さくできれば干渉が減少し,システム容量を増加することができる.本研究では,フェージングの周波数選択性が厳しくないマイクロセルラシステムを対象とし,分散アンテナとサイトダイバーシチの考えをRAKE受信に取り入れ,所要品質を得るための送信電力を最小にする最適電力分配法を用いたDS/SS送信電力最適分配型セルラ方式を提案する.本論文ではまず,最適電力分配法を導出し,他局間干渉がない場合のビット誤り率特性,送信電力特性を明らかにすると共に,送信電力分配特性より,最適電力分配法を用いることで送信電力を低減できることを示す.つぎに,拡散符号として直交符号を用いた場合の最適電力分配法を示し,多元接続特性として各セルの移動局がそれぞれの属するセルの基地局から同一距離に分布する場合を計算する.最後に,ユーザ分布を一様分布とした場合の劣化率による平均性能をシミュレーションにより求め,提案方式の有効性を明らかにする.