基地局送受信ダイバーシチを用いた適応変調方式の伝送特性

大槻 信也  三瓶 政一  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.2   pp.153-161
発行日: 1997/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信
キーワード: 
適応変調方式ダイバーシチ,  ブランチ合成法,  陸上移動体通信,  

本文: PDF(639.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
適応変調方式では,瞬時の伝搬路状況に応じて変調多値数を可変とすることにより,変調多値数固定の方式に比べて陸上移動通信において高速・高品質伝送を実現している.本論文では適応変調方式を用いて,より高速・高品質伝送を実現するために基地局送受信ダイバーシチを用いた適応変調方式を提案している.特に,信号電力だけではなく,遅延広がりをも考慮に入れたブランチ合成法を提案し,一様フェージング下だけではなく,周波数選択性フェージング下においても特性の向上を図っている.計算機シミュレーションにより,提案方式の伝送特性を評価し,一様フェージングおよび周波数選択性フェージング下において伝送品質・伝送速度の改善が可能であることを明らかにすると共に,周波数選択性フェージング下においては,従来のダイバーシチブランチ合成法を用いた方式と比較して一層の特性の向上が実現できることを明らかにしている.