合成開口レーダ像再生処理におけるレンジ圧縮の改善

白川 智昭  小川 吉彦  三木 信弘  北島 秀夫  下野 哲雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.1   pp.92-100
発行日: 1997/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
合成開口レーダ,  像再生,  レンジ圧縮,  カルマンフィルタ,  

本文: PDF(536.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
合成開口レーダ(SAR)再生像の,特にレンジ方向の画質を向上させるために,レンジ圧縮にカルマンフィルタによる後処理を追加する方法を提案する.SAR再生像の画質は,再生像の分解能および再生像中のノイズにより決定される.ここでは,レンジ方向の分解能を向上させるために,送信信号の自己相関関数による再生像のレンジ方向の広がりを画像のぼけと考え,画像処理で用いられるぼけ低減用のカルマンフィルタをレンジ圧縮後の信号に適用する.また,受信信号中に含まれる加法的ノイズのレンジ圧縮後の信号における統計量を計算し,これをフィルタ設計時に用いることにより,加法的に含まれるノイズも同時に低減させる.以上の方法の有効性を像再生の計算機実験によって示す.更に,カルマンフィルタ設計時に必要となる設計パラメータの決定法について検討し,これらの値の近似値より設計したフィルタでも再生像が改善されることを示す.