インターネット・アクセスネットワーク設計のためのWWWトラヒックの分析とモデル化

名部 正彦  馬場 健一  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.6   pp.428-437
発行日: 1997/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアネットワーク/サービスと品質論文特集)
専門分野: インターネット
キーワード: 
World Wide Web,  インターネット・インフラ,  トラヒック特性,  遅延時間特性,  

本文: PDF(657.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
インターネット・インフラの高品質化を目指すためには,インターネット・トラヒックの特性を考慮した容量設計が重要であるにもかかわらず,十分に明らかにされていなかったのが現状である.本論文では,インターネット・アクセスネットワークにおけるWWWトラヒックの分析とモデル化を行い,アクセスネットワークの遅延特性について検討している.まず複数の組織のサーバの利用記録を分析し,モデルの作成に必要となるWWWのトラヒック特性を明らかにしている.次いで分析結果に基づき,アクセスネットワークをM/G/1/PS(プロセッサシェアリング)システムでモデル化しネットワーク設計に必要な遅延時間特性について検討している.