トラヒックパラメータ再交渉に基づく動的帯域管理方式の性能評価

馬場 健一  村田 正幸  宮原 秀夫  中村 克之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.6   pp.387-397
発行日: 1997/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアネットワーク/サービスと品質論文特集)
専門分野: ATMネットワーク
キーワード: 
ATM網,  動的帯域管理,  効用関数,  サービス品質,  帯域再交渉,  

本文: PDF(775.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来のATM網における帯域管理方式ではあらかじめサービスクラスを定義し,ユーザは必要な通信品質に見合ったサービスクラスを選択するという形態がとられている.しかし,それらの限られたサービスクラスのなかから選択するのみでは,さまざまなアプリケーションのサービス品質の要求に応じることは困難である.本論文では,新しい帯域管理方式として,アプリケーションあるいはユーザが要求するサービス品質を考慮しながら,呼の接続中にもユーザと網との間で帯域の再交渉をすることによって,効率の良い帯域割当てを行う動的帯域管理方式を提案する.ユーザのサービス品質は効用関数によって定義し,ネットワークは効用関数を最大化するように帯域割当てを行う.本論文では,提案した帯域管理方式をシミュレーションによって評価し,その有効性を示している.