マルチメディア双方向衛星通信システムのシステム特性の評価

中川 学  永瀬 文昭  橋本 洋一  下川 義弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.6   pp.322-329
発行日: 1997/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアネットワーク/サービスと品質論文特集)
専門分野: マルチメディアネットワーク・システムと応用
キーワード: 
衛星通信,  TCP/IP,  コンピュータネットワーク,  インターネット,  品質,  マルチメディア,  

本文: PDF(533.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
衛星回線と地上回線を組み合わせ,インタラクティブなマルチメディアサービスを時間や場所の制約にとらわれることなく容易に提供可能なシステムの実現を目指し,東海大学とNTTは共同で遠隔教育を適用例としたマルチメディア双方向衛星通信システムを構築し,フィールド実験を行っている.今回はその基礎的なシステム特性として遅延時間,TCP/IPによる1:1通信,UDP/IPネットワーク同報のスループットの測定,評価を行った.受信端末からping (ICMP echo) によりラウンドトリップタイムを測定し,その結果から実際のTCP/IPによる通信でのラウンドトリップタイムを見積もった.またTCP/IPのスループットを測定し高速な情報転送が可能であることを確認し,その値は見積もったラウンドトリップタイムから求めた理論値によく一致した.UDP/IPでは使用している専用線の帯域による上限である約6Mbpsのネットワーク同報が可能であることを確認した.TCP/IP,UDP/IPともウィンドウサイズや専用線の帯域の変更により更に高速の情報転送が可能である見通しをえた.