波長帯域を複数有する光交換ネットワークにおけるマルチキャスト通信方式の性能評価

原井 洋明  村田 正幸  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.1   pp.23-34
発行日: 1997/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 交換,通信処理
キーワード: 
光交換,  Linear Lightwave Network (LLN),  マルチキャストルーチング,  木構造,  波長,  波長帯域,  

本文: PDF(939.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高速広帯域通信を可能にする光交換の一通信方式として,Linear Lightwave Network (LLN) が提案されている.筆者らは先に,LLNにおけるマルチキャストルーチング方式として,ネットワーク内に動的に拡張/縮退する木を取り入れ,その木の範囲内で呼接続を行う方式を提案し,シミュレーションによってその有効性を示した.本論文では,その結果を拡張し,LLNにおいて波長帯域が複数ある場合を扱う.波長帯域が複数ある場合,波長の選択方式のみならず,波長帯域の選択方式が有効なマルチキャスト通信のかぎとなる.本論文では,LLNに適していると考えられるいくつかの選択方式を提案し,それらの評価を行った.その結果,使用状況の高い波長あるいは波長帯域から順に呼接続を行う波長選択方式を用いると,呼を特定の波長に集中させることによって新しく発生した呼を受け付けることができるようになって,高い性能が得られることが示されている.更に,波長帯域数の増加に伴って,LLNの線形処理による不要信号の発生数が減少するために性能がより向上することが示されている.