最大誤差制約下における2次元FIRディジタルフィルタの最小2乗誤差設計

土井 章充  雛元 孝夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J80-A   No.4   pp.597-604
発行日: 1997/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
2次元FIRディジタルフィルタ,  フィルタ設計,  最小2乗基準,  ミニマックス基準,  最大誤差制約,  Lagrange未定乗数法,  

本文: PDF(469.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最大誤差制約下における2次元FIRディジタルフィルタの最小2乗誤差設計法について論じている.最初に,重みつき最小2乗誤差に基づき,重みの更新に伴う設計の逐次繰返しによって,最大誤差の制約条件を満たすフィルタ設計法を示している.次に,この繰返しの途中で上記の方法をLagrangeの未定乗数法に切替えることによって,フィルタ設計に必要な計算量の軽減を図っている.最後に数値例を通して2乗誤差と最大絶対値誤差の間のトレードオフの存在が確認される.