対数スペクトルの自己相関関数を利用したピッチ抽出法

國枝 伸行  島村 徹也  鈴木 誠史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J80-A   No.3   pp.435-443
発行日: 1997/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
ピッチ抽出,  基本周波数,  自己相関関数,  対数スペクトル,  

本文: PDF(565KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声の基本周波数の抽出(ピッチ抽出)は,音声処理の幅広い分野で必要とされているが,決定的な手法はいまだないのが現状である.本論文は,対数スペクトルの自己相関関数を利用した新しいピッチ抽出法(ACLOS)を提案する.その原理は,音声の対数スペクトルの自己相関関数を計算することによって,スペクトル上における高調波の周期(基本周波数)を抽出するものである.音声のSN比を変えてピッチ抽出を行った結果,本手法は従来法に比べピッチ抽出誤りであるgross pitch errorを改善することができた.特にSN比が-5dB以下の低SN比音声に対しては,自己相関関数法よりもgross pitch errorを3.4~7.2%改善することができ,本方式が雑音に強いことを示す.