契約ネットプロトコルの定量的評価

顧 程  常 兵  石田 亨  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.8   pp.1374-1381
発行日: 1996/08/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 人工知能,自然言語処理,認知科学
キーワード: 
分散人工知能,  契約ネットプロトコル,  ネゴシエーション,  マルチエージェントシステム,  

本文: PDF(541.7KB)
>>論文を購入


あらまし: 
契約ネットプロトコルは,タスクを複数の処理ノードの交渉(ネゴシエーション)を通じて分割し,各ノードにサブタスクを割り当てるためのプロトコルである.契約ネットプロトコルは人間社会のさまざまな契約プロセスに基づいて定められたが,その契約プロセスの定量的な性質は十分明らかにされていない.本論文では,契約ネットプロトコルの動的特性を定量的に評価することを目的とし,特定の応用領域を想定せず,より一般的な待ち行列モデルを用いてシミュレーションを行う.実験結果により,契約ネットプロトコルの基本性質,ノードの大数効果,ノードの均質化効果を明らかにする.更に,契約ネットプロトコルの応用システムとして知られるEnterpriseの動作を,明らかにした性質に基づいて分析する.