オブジェクト進化を実現するクラスベースのオブジェクト指向データベース設計法

鬼塚 真  山室 雅司  石垣 昭一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D1   No.10   pp.803-810
発行日: 1996/10/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (オブジェクト指向技術とその応用論文特集)
専門分野: オブジェクト指向データベース:オブジェクト指向データベースのスキーマ設計
キーワード: 
オブジェクト指向データベース,  制約,  設計,  事前条件,  事後条件,  

本文: PDF(538.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
データの構造が特定の規則に従って進化するという特徴をもつ場合(例えばCADやCASEなどの設計データ),データベースによってデータの進化がサポートされかつ進化の規則が管理されることが望ましい.しかし,現状のインスタンスベースのオブジェクト指向データベース管理システムでは,データつまりオブジェクトの進化の管理が難しいし,一方クラスベースのオブジェクト指向データベース管理システムでは,オブジェクトの属するクラスを変更できないという問題がある.これらの問題を解決するために本論文では,クラスベースのオブジェクト指向データベース管理システムを用いて,データベース上にオブジェクトがクラス間を移動するように見せるインタフェースを分析・実装することによって,オブジェクトの進化を実現するオブジェクト指向データベース設計法を提案する.本手法を適用することにより,クラスによるオブジェクトの管理を可能としながら,かつオブジェクト進化を柔軟に扱うことが可能となった.