3次元有限要素法による方形導波管・誘電体イメージ線路変換部の最適設計

水野 友宏  辻 幹男  繁沢 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J79-C1   No.10   pp.406-408
発行日: 1996/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
ベクトル有限要素法,  最適設計,  辺要素混合使用,  導波路不連続問題,  

本文: PDF(195.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
直方体辺要素と三角柱辺要素を混合使用した3次元有限要素を用いて,方形導波管・誘電体イメージ線路変換器の最適設計を行っている.合成により得られた変換器の反射損失は同じ変換器の長さをもつテーパ形状のものより,最大で約10dBも改善されている.この良好な特性は実験的にも検証され,本設計法の有用性を明らかにしている.