多項式近似した確率密度関数を用いた検出確率計算法

原 照幸  関口 高志  桐本 哲郎  近藤 倫正  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.3   pp.217-221
発行日: 1996/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
レーダ,  信号検出,  ノンコヒーレント積分,  多項式近似,  確率密度関数,  

本文: PDF(320.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
パルスレーダにおいて,ノンコヒーレント積分後の受信信号の確率密度関数が解析的に求まらない場合にでも,積分後の目標反射信号の検出確率を確率密度関数を多項式近似して表現することによって,精度良く数値的に計算する方法を示す.