平面マルチビームアレーアンテナのダイバーシチ受信への応用

眞野 修二  木全 昌幸  稲垣 直樹  菊間 信良  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.3   pp.176-184
発行日: 1996/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
平面MBAA,  指向性ダイバーシチ,  相関係数,  ダイバーシチ利得,  

本文: PDF(558.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
平面マルチビームアレーアンテナ(MBAA)の各ビームによりダイバーシチブランチを構成する方式を提案し,そのダイバーシチ受信の特性を評価している.本方式は,指向性ダイバーシチの一種であり,MBAAのビーム形成回路が無損失ならば各ビームが直交するため,相関係数が零に近いブランチ構成が期待できる.ハードウェア化が容易な3素子の平面MBAAについて,レイリー分布環境を想定した計算機シミュレーションおよび試作アンテナによる室内ダイバーシチ受信測定を行い,本方式の有効性と,レイリー分布環境での計算結果と実測結果の良い一致を確認した.計算機シミュレーションによる累積分布の1%値におけるダイバーシチ利得は,2,3,4ブランチ合成で約10,13,14.5dBとなり,以下ブランチ数を1だけ増加するのに伴い1dB弱の改善が予測される.